旅のブログ

海外、国内いろいろ旅してます。

富山旅行

2泊3日で富山に行きました。

 

富山へは出来たばかりの北陸新幹線で!

関東からは約2時間半で到着。

駅は出来たばかりなので、綺麗〜。

f:id:anotabi:20160829163650j:plain

お土産は駅に併設している「とやマルシェ」でなんでも揃っている感じ。

 

お昼頃ついたので、早速とやマルシェ内にある白えび天丼屋さんに行きました。

一言で言うと、高級な、て◯やみたいな感じかな。

美味しかったですよ!

f:id:anotabi:20160829163711j:plain

その後、ガラスの美術館「キラリ」に行くことに。

路面電車に乗って向かいました。

富山市内は路面電車が走っていて、非常に便利かつ、雰囲気いい感じです。

f:id:anotabi:20160829163821j:plain

 

キラリは最近出来たばかりで、建築家隈研吾氏の設計だそうです。

f:id:anotabi:20160829163847j:plain

外観から斬新な建物で、中もすごいです。

f:id:anotabi:20160829163858j:plain

中は図書館とガラスの美術館。

カフェやミュージアムショップもあります。

こんな図書館が街にあるとか、うらやましい。

ガラスの美術館なので、展示している作品はガラス工芸というジャンルの作品でした。

 

富山ガラス造形研究所という、ガラスの作家を育てる公立の学校があるそうで、そこの卒業制作もキラリで行われるようです。

ここは建物がすごいので、ガラスに興味なくても楽しめる感じがします。

 

少し疲れたので、キラリの近くの喫茶店チェリオに行きました。

クリームあんみつ。

f:id:anotabi:20160829163915j:plain

各地のレトロ喫茶に行くのが好きな私です。

人気の喫茶店なようで、おばさま達で賑わっていました。

 

チェリオ正面にある、地元のデパート大和の地下でお土産を物色して、お城方面に歩いて行きました。

ちなみに大和地下のお土産は駅とあまり変わらない感じでした。

 

お城はほぼ城跡ですが、新しく作られた資料館あり。

f:id:anotabi:20160829163943j:plain

 

そのまま歩いて高志の国文学館へ。

富山にゆかりのある作家の展示をしています。

この時は企画展でアニメの制作現場を紹介する展示をやっていました。

富山にはアニメの製作会社があるそうです。

 

私の目的は藤子不二雄の展示でした。

展示スペースは小さいながらも面白かったです。

こちらのライブラリスペースでは、文学館の蔵書の漫画や本、雑誌などソファに座って読むことができます。

私は笑うせぇるすまんを少し読みました。

るるぶの最新版もあったので、旅の計画に役立たせてもらいました。

 

1日目はこれで観光終了。

 

2日目の朝、富山駅から路面電車で岩瀬に行きました。

岩瀬は町屋の街並みが少し残っている場所ということで、駅の観光案内所で見所を教えてもらいました。

見所は「森家」という廻船問屋。

保存状態良く、小説に出てきそうな感じ。

f:id:anotabi:20160829164000j:plain 

f:id:anotabi:20160829164012j:plain

  

そしてこの森家の目の前の和菓子屋さんで、三角どら焼きを食べました。

f:id:anotabi:20160829164034j:plain

 

正直、岩瀬はここ以外見所がなく、、近くにある展望台に登ってみたりしてから、さくっと富山に戻りました。

 

富山に戻り、またまたとやマルシェ内の回転寿司でお昼にしました。

お値段なりではありますが、安くて手軽で良いと思いました。

f:id:anotabi:20160829164050j:plain

 

午後は駅から徒歩で、楽翠亭美術館へ。

f:id:anotabi:20160829164102j:plain

ここが私の富山のおすすめ第1位ですね!!

日本家屋を改築した美術館で、今回は陶芸の巨匠の作品展でした。

ここも工芸系の作品展示が多そうです。

 

展示空間の美しさ、ほどよい緊張感、静けさ、そして重厚感ある作品。

あの空間素晴らしい。やー、また行きたいです。

 

庭園に出られて、ここのみ撮影可。

f:id:anotabi:20160829164114j:plain

ミュージアムショップもおしゃれでした。

 

いいところに来れてよかった〜とホワホワしながら、川沿いの公園まで歩いて行きました。

 

f:id:anotabi:20160829172847j:plain

カップルで来たら良さそうな雰囲気でした。

 

市内観光はここまでにして一旦ホテルに戻り、夜は「おわら風の盆」の前夜祭を見学しに八尾に行きました。

 

7時半頃八尾に到着。

夜になりライトアップされた街並みが幻想的です。

f:id:anotabi:20160829172904j:plain

おわら風の盆は、笠で顔を隠した踊り子さんが踊るお祭りで、9月頭にあるのですが、前夜祭もやっていて祭りの雰囲気を感じることができます。

前夜祭は、限られた会場でのみ踊りが行われます。

この日は広場の会場と、西町を練り歩く会場と2箇所でやっていました。

(毎日変わるそうです)

f:id:anotabi:20160829172925j:plain

f:id:anotabi:20160829172917j:plain

笠で顔を隠した姿が不思議で、妖しさもありつつ幻想的な美しさを感じました。

このお祭り、本番は大変な混雑ということなので、前夜祭おすすめです。

 

最終日。

この日は高岡の町家通りを見学しました。

何箇所かあるのですが、金屋町が石畳でとても雰囲気ある場所でした。

f:id:anotabi:20160829172938j:plain

富山旅行、思いがけず充実の内容でした。

おわら風の盆、楽翠亭美術館、キラリが印象深かったです。