旅のブログ

海外、国内いろいろ旅してます。

イタリア・フランス旅行記★その2〜ミラノ編〜

観光2日目。

 
この日はミラノへ日帰り観光しました。
サンタルチア駅から7時50発の電車で約2時間。
 
日本からイタリア鉄道、トレニタリアのサイトで、オンラインチケットを購入済み。
早期割引で安かったので、行きの電車は1等車にしました。快適。
オンラインチケットは印刷したバウチャーがそのままチケットとして使えるので便利です。
 
1等車はとても綺麗で、安全な雰囲気。トイレもついてます。

f:id:anotabi:20151211144537j:plain

電車の中で、途中の駅から乗ってきた赤ちゃんと、そのお母さんと相席になりました。
赤ちゃんが可愛くて、アイコンタクトをとっていたら、微笑み返してくれて、キュン。。。
ミラノについてお別れの時、お母さんが「Bye bye,Have a nice trip!」と言ってくれました。
良い思い出・・・。
 

f:id:anotabi:20151211144602j:plain

ミラノ中央駅はかなり大きな駅で、日本で言うと東京駅みたいな感じでしょうか。
市内中心部までメトロで移動するため、中央駅地下にあるメトロへ。
途中にあるタバッキでメトロ一日乗車券を購入しました。
 
ミラノのメトロは治安が悪いらしく、とくに切符売り場にはスリが常駐しているとの情報だったので、タバッキでチケットを買うのが安全とのことでした。
中央駅にはタバッキがいくつかあって、メトロ改札に近いタバッキはチケットを求める人で行列になっていたので、地上に近いところで買うのがよさそう。
 
実際メトロの切符売り場はあやしげな人たちがたくさんいて雰囲気は悪いです。
 
メトロに乗って目指すは、ドゥオーモ。

f:id:anotabi:20151211145047j:plain

メトロのドゥオーモ駅を降りると目の前にどどーん!
さっそくカメラにおさめる私たち。
 
そして・・・ここで事件!
腕にミサンガを巻きつけに寄ってくる黒人がいました!
噂には聞いていたが、こ、これは・・・ミサンガ詐欺!!
勝手にミサンガ巻きつけてきて高値で売り付けようとする、という。
なんとか振り切りましたが、巻きつける早さ尋常じゃないです。
 
ドゥオーモ前は少し行列が有りましたが、並んでからすぐに入ることが出来ました。

f:id:anotabi:20151211145105j:plain

中はとにかく広い、デカイ!
ゴシック建築らしいです。イタリアでゴシック建築ってめずらしい気がする。
 
そして、このドゥオーモの特徴はなんといっても屋上に上れること!
ドゥオーモの外にチケット売り場が有り、階段かエレベーターかどちらか選びます。
エレベーターの方が値段はするけど、体力消耗を抑えたかったので、エレベーターで!
ちなみに「リフト」って言ってました。イギリス式英語。。

f:id:anotabi:20151211145124j:plain

繊細なゴシック様式の彫刻が間近で見られて感動。
なんか、もう、ファイナルファンタジー的な景色でしたね・・・。
 
屋上は、太陽が照りつけて、かなりまぶしかったです。
 
ドゥオーモのほぼお隣に、ガッレリアという、巨大アーケードがあります。
こちらも観光名所。

f:id:anotabi:20151211145140j:plain

f:id:anotabi:20151211145149j:plain

美しーい!そしてデカイ!
プラダミュウミュウ、ヴィトンなど高級ブランドショップや、カフェが軒を並べています。
 
記念写真を撮って、ミラノ訪問最大の目的、最後の晩餐の教会へ!
メトロで向かいます!
 
最寄りの駅から歩いて10分ほどで教会に到着。
早めに着いてチケットを受け取らなければいけなかったので、すぐさまチケットカウンターに。

f:id:anotabi:20151211145209j:plain

チケットは予約制で、日本からアーモイタリアというサイトに予約をお願いしていました。
メールで送られてきた予約番号を告げるとすぐに発券。無事予約できてて良かった。
ついでに予定してなかったけど、イヤホンガイドも借りることにしました。
これが借りて大正解!!
 
早めに到着していたので、少し待ってから集合時間に再びカウンター前へ。
 
最後の晩餐は、作品保存のため一度に入れる人数は25人、時間は15分!
中に入ると、予想以上に広い!そして思ったより大きい!壁一面なので当然かもしれませんが・・・。
人数が制限されているので静かですし、じっくりと鑑賞できました。
とくにイヤホンガイドを借りたので、絵の解説や見どころ、絵画技法など聞きながら見られたのでよりわかりやすかった。もう、忘れつつあるけど・・・。
 
最後の晩餐の反対側に、別の画家の壁画があるのですが、こちらにダヴィンチの加筆部分があるというのが、面白かったです。
 
そんなこんなで、15分とは思えない充実感を味わうことができました。
 
せっかくなので教会も見学し、すぐ裏側でやっていたダヴィンチのスケッチの展示というのも見て、おなかもすいたのでどこかでゴハンを・・・!
 
最後の晩餐の教会

f:id:anotabi:20151211145230j:plain

しかし、この教会の周りにめぼしい場所が無く、ドゥオーモ周辺に戻ることにしました。
ガイドブックに載っているカフェを探して、街を歩いたのですが、載っていたカフェがどーみても・・・休憩中?みたいな感じだったので、てきとーに英語のメニューがあるカフェに入りました。
 
カフェ・メルカンティ

f:id:anotabi:20151211145246j:plain

サラダとピザを頼んだんですが、どちらも美味しかった!
モッツァレラチーズがおいしい!!
デザートもおいしそうでしたが、別の場所でジェラ―ト食べようということで我慢。
 
なんだかんだこの時点で17時。一日が早い・・・。
 
近くにスカラ座が有るので行ってみたら、17時で終了のため入れず・・・。残念。
 
スカラ座近くにダヴィンチ像がありました。

f:id:anotabi:20151211145304j:plain

ならば、ショッピングをと、デパートや、ガイドブックにのっていたインテリアショップや、本屋などをのぞいてみましたが、これという物に出会えず、最後にジェラ―ト食べてミラノとお別れ。
 
ガッレリアの中のジェラ―ト屋さん

f:id:anotabi:20151211145322j:plain

メトロで中央駅まで戻って、ベネチアに帰ります。
 
 
さらばミラノ!都会的だったよミラノ!

f:id:anotabi:20151211145347j:plain

帰りは2等車で。
こちらは1等車とはだいぶ客層が変わり、庶民的な感じ。車内も騒がしい。
途中で、連れの隣の席にホームレス風のおじいさんが座り、話しかけられるという事件が起こりましたが、おじいさんの異臭以外はとくに何事もなかったです。
 
今回の旅、プチ事件の連続です・・・!!なんなんだ!?
 
ベネチアへの到着は途中電車が遅れて、22時頃になりましたが、ベネチアの夜、治安良くて安心した・・・!
 
そんなミラノ日帰り観光でした。
目的は果たしたからよしとしよう!