旅のブログ

海外、国内いろいろ旅してます。

イタリア・フランス旅行記★その1~ベネチア編~

今年は夏休みにイタリア・フランスに行ってきました。

 
8月6日~15日までの10日間。
アリタリア航空にて、行きはベネチアへ直行便。
 
今回の旅行はパリに行くことと、最後の晩餐を見ることが一番の目的で。
できれば直行便で!というのがこだわりでした。
(結果としては、行きは直行だけど、帰りはベネチア経由で乗り換え有りだったんだけど)
 
そんなわけで、まずは成田へ。
前々日にウェブでチェックインしておいたのでスムーズでした。
午後1時半頃に成田を出発し、ベネチアに夜の8時45分頃に到着。
 
ベネチアの空港から、プルマンというシャトルバスに乗って市内へ向かいます。
荷物のターンテーブルの場所にチケットの自動販売機があったので購入しよう~と近づいて行ったら、なんと!
 
「日本語通じます。インフォメーション。」
 
と書かれたTシャツを着た、イタリア人のイケメンが・・・!!
おそるおそる切符の買い方を聞いてみると、素敵な笑顔で親切に教えてくれました!!
しかも日本語が流暢!
日本からの直行便があるときは日本語のインフォメーションの人がいるのかな。
イタリアにこんなサービスあるなんて知らなかったよ・・・。
 
シャトルバスに乗って、市内までは約30分。
バスはローマ広場というところに到着します。
ここからホテルまで歩いて10分。
 
実は、以前のベネチア旅行のホテルとほぼ同じ場所(3軒隣)にしました。
空港から大きな荷物を持って市内に入るには、バスが一番安くて便利です。
しかも早い。
 
予定通り、ホテルに到着し、やっとひといき。
さーもう夜遅いし、寝ようとしたところで、予想もしない事件が起こりました・・・。
 
なんと、ホテルのベッドにサソリがいたんです!!
すごく小さくて2cmほどの大きさなんですが、
どうみても・・尻尾の形がサソリ・・!!
軽くパニックになりました、が、はやくなんとかして寝たい!!
 
とりあえず、割りばしではさんで窓から捨てようという事に・・。
案外とサソリは動きが遅かったので、尻尾のあたりをはさんで、窓からポイしました。
 
まぁ、そんな滑り出しでしたが、ベネチアの旅はじまります
 
 
観光1日目。
 
この日はベネチアのベタな場所に行こう!ということで、まずはサンマルコ広場に向かいました。
ホテルからは歩いて30分くらいで広場に。
 

f:id:anotabi:20151211142309j:plain

広場までの道のりは町の中にある<PER S.MARCO>という目印の通りに進むとたどりつけます。地図よりも頼りになります。
 
まずはドゥカーレ宮殿を見学。

f:id:anotabi:20151216000158j:plain

ここはヴェネチア共和国時代の政治の中心だったそうです。
内部は博物館になっており、当時の総督たちの執務室や、会議室が見学できます。
ヴェネチア派のティツィアーノやティントレットらの絵画も、これでもかというくらいたくさんあります。
そんな豪華な宮殿内部から、最後は牢屋まで見学ルートに組み込まれております。

f:id:anotabi:20151216000245j:plain

 
ため息の橋

f:id:anotabi:20151211142339j:plain

この、ため息の橋の内側が、牢屋へと繋がる通路だったそうです。
なんかこわい話ですけど、現在は観光客の写真スポットです。
 
宮殿見学の後、サンマルコ寺院を見学予定でしたが、あまりにも行列がすごくて夕方に変更!
 
もうすぐお昼だったので、早めのランチにしようと、ガイドブックにのっていたセルフサービスレストラン、「シャキリ」に行ってみました。

f:id:anotabi:20151211142357j:plain

味は、まぁまぁ・・でした。
ボリュームは多いです。
なんとなく、ファミレス的な雰囲気なので、敷居も低くてゆっくり休めるというところが良い点でしょうか。
 
さて、午後は現代アートの美術館、プンタ・デッラ・ドガーナへ。
 
途中、トラゲットという渡し船に乗ってみました。
これが、揺れるのなんの!!現地の人は立って乗るという噂を聞いていましたが、絶対無理!
でも、なかなか楽しい体験でした。

f:id:anotabi:20151211142414j:plain

乗り場

f:id:anotabi:20151211142424j:plain

プンタ・デッラ・ドガーナは、ヴェネチア・ビエンナーレで展示された作品をそのまま展示しているようでした。
すべてがクラシカルなベネチアの中では、かなり最先端!?
 
おもしろい作品がいっぱいありました~!
 
ガラスの作品

f:id:anotabi:20151211142435j:plain

ちなみに、日本のガイドブックには村上隆の作品が載っているのですが、尋ねてみたところ。
2年前に終わった展示だそうで・・。嘘情報やめてほしいですわ・・。
 
この美術館の隣に教会が有ったので見学。
 
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会

f:id:anotabi:20151211142505j:plain

 

ここから近い場所にもう一つ美術館があったので見学することに。

f:id:anotabi:20151215231316j:plain

アメリカ人の富豪のコレクションということでした。
近代アートのコレクションで、ピカソジャコメッティなど、巨匠の作品盛りだくさんでした。 
 
f:id:anotabi:20151215234629j:plain
 
f:id:anotabi:20151215231330j:plain
 
この二つの美術館は、観光客だらけのサンマルコ周辺とは違い、静かな空間でとても良かったです。
 
そろそろサンマルコ寺院見学のタイムリミット17時に近づいてきたので、再びサンマルコ広場へ。
 
今度は陸路を歩いて向かったので、結局30分くらいかかったのかな。
 
サンマルコ寺院

f:id:anotabi:20151211142534j:plain

16時45分頃にサンマルコ寺院を見学。
なんと、いまだに行列ができていました!が、並んでみるとどんどん進む・・。良かった。
サンマルコ寺院はロマネスク・ビザンチン建築だそうで、モザイク画が印象的なんですが、いかにもむか~しに作られた雰囲気を醸し出しています。
 
この時間はさすがに、教会の2階に上ることはできず、階段に「CLOSED」の看板がかけられていました。そうだよね・・。
2回には博物館があり、バルコニーに出られます。
 
もう少し観光したかったので、サンマルコ広場にあるコッレール博物館へ。
ドゥカーレ宮殿ほど豪華ではありませんが、絵画や、工芸品、彫刻などが展示してあります。
 
この後、老舗のカフェ・フローリアンで休憩。
甘い飲み物と、ジェラ―トを頂きました。
 
 
カフェ・フローリアン

f:id:anotabi:20151211142548j:plain

なんやかんやで気付いたら19時。
リアルト橋を見学し、サンタルチア駅方面へ向かい、ホテル近くのレストランで夕食。
 
リアルト橋

f:id:anotabi:20151211142601j:plain

 

夕食のレストラン、以前ベネチアを訪れた時にカプレーゼが美味しいと感動したのですが、今回は美味しくなかった・・。なんか、見た目も前回と全然違った・・。
シェフ変わったんかな・・??
 
この夕食でベネチアの食事には期待できないと、確信しました・・!!噂通りだ・・!
 
一日目はこれにて終了!