旅のブログ

海外、国内いろいろ旅してます。

スペイン旅行記★その2~マドリード、美術館、街歩き~

マドリード観光2日目。

ホテルの近くにベルナベウスタジアムがあったので、行ってみました。

f:id:anotabi:20151110115714j:plain

f:id:anotabi:20151110115722j:plain

連れがサッカーファンなので行きましたが、周りを一周してみたものの、特に何も無かったです。。
スタジアムは見学ツアーも行っているようで、サッカー少年とその親たちがチケットを買っている姿がありました。

さて、今日も市内中心部へ地下鉄で移動です。
昨日おばちゃんに教えてもらった通りに、切符を買ってみよう!と、したら。。。
自動券売機にお札を入れても戻ってきてしまう。。買えない。。何故。。。
コインしか使えなそうだがコインが無い!。。。どこかでくずさないとなのか、ぐぬぬ。。。と、悩んでいたのですが、もしかしたら旧札なら使えるかも!!と閃いてやってみたら、買えた!!!

ユーロが(たぶん)新札に変わっていたのです。日本で両替したら、去年の残りのお札とちょっと違っていたので変わったんだな~くらいに思ってたんですが。まさか、こんなトラップが有るとは。。。

f:id:anotabi:20151110115736j:plain

地下鉄の評判は良くないですが、実際乗ってみたら問題なかったです。
夜遅くに乗ってないからかもしれませんが。

地下鉄は一部の路線が工事中で、本来乗り換えなくていいところで乗り換えが発生したり、ちょっと手間取りましたが基本的に表示も見やすくてわかりやすいです。

そして、地下鉄でアトーチャ駅に到着。

f:id:anotabi:20151110115754j:plain

アトーチャ駅は駅舎内に庭園があるという珍しい駅でぜひ写真に収めたいと持っていました。
それと、翌日はここからグラナダに移動なので下見をかねて来てみました。

アトーチャ駅外観。

f:id:anotabi:20151110115813j:plain

ここから、すぐ近くにあるソフィア王妃芸術センターに向かいました。

f:id:anotabi:20151110115925j:plain

この時は企画展でダリ展をやっていて、常設店とは入口が違いました。
チケットの行列に並ぼうとしたらスタッフが英語で「ダリ展を見に来たのか?」と確認してきたので違うと言うと、常設展のチケット売り場の場所を教えてくれました。

ソフィア王妃芸術センターは、ピカソゲルニカが常設で展示されています。その他、現代アートを主に扱っているようです。
もちろん目当てはゲルニカ

4階まで展示室があり、一番上の階はテラスになっていてくつろぎのオシャレ空間でした。

f:id:anotabi:20151110115940j:plain

f:id:anotabi:20151110115954j:plain

3階は企画展のダリの展示。

2階にピカソ、1階に近代&現代アートが展示されていました。なお、展示場所は頻繁に入れ替わるそうです。。(地球の歩き方によると)

展示数はここもかなり膨大で、さらっと見て終わろうと思っていたのですが、しっかり見てしまって体力が持ちませんでした。。
途中館内のカフェで休憩しながらやっと展示を見終えて。14:00くらいだったでしょうか。
たぶん、3時間くらいかかったかもしれない。

おなかもすいたので、ご飯にしようと、調べていたバルまで行く事にしました。
ここで、後から考えると何故徒歩で行ったのかわかりませんが、30分くらい歩いて目的地まで到達。暑さと疲れであまり食欲がなかったです。。
とにかくのどがかわいた。。

しかもちょっと道を間違えマヨール広場まで来てしまいました。
そこで、デブのスパイダーマンを遠目に発見。
観光客のおじさんもノリノリで腹をくっつけて記念写真を撮っている。
あまりにもおかしくて遠くから撮ってしまった。。

f:id:anotabi:20151110120008j:plain

ここまで来たので、広場近くのサン・イシドロ教会に行ってみましたが閉まっていた。残念!

お昼は、生ハムで有名なバルに行きました。
ムゼオ・デル・ハモンというところです。
とりあえず、ビール!そして生ハムを頼み、ビールのおいしさに震えながら、生ハムをつまみました。うまー!!

f:id:anotabi:20151110122126j:plain

追加で、イベリコ豚の生ハムと、サンドイッチを頼みました。
この、イベリコ豚の生ハムが、いままで食べたことのない美味しさで!!
口の中でとろける、うまみ!!たまりませんでした。

f:id:anotabi:20151110122148j:plain

生ハムに満足し、またしてもほろ酔いで、ティッセン・ボルネミッサ美術館へ向かいました。

美術館へ向かう途中、プエルタ・デル・ソルの広場へ。
マドリードのシンボルの熊の像。

f:id:anotabi:20151110122206j:plain


ティッセン・ボルネミッサ美術館は中世から~近代までの作品を展示している美術館で、印象派の時代のものが多数展示してありました。

プラドや、ソフィア王妃よりは展示数は少なめで、ベンチに座ったりしながらゆっくりと鑑賞しました。
館内に小さい子供とお父さんがいたのですが、お父さんが一生懸命子供に絵の説明をしていて微笑ましかったです。
ここでも企画展をやっていたのですが常設展のみ見て、疲れたので館内のオシャレカフェで一休みしました。
このカフェが綺麗で、スタッフの方も親切でとても居心地が良かったです。

一休みしてから、グラン・ビアへ向かって歩いてみました。
6月に渋谷文化村で見た、アントニオ・ロペス展で、グラン・ビアを描いた作品があり、同じ景色を見たかったのです。
しかし、5分くらい歩いて、なんで徒歩にしたのか後悔。。
17:30くらいなんですが、日差しの強さがハンパじゃない!サングラスかけないと目がつぶれる!
アスファルトの照り返しも厳しく、夏の街歩きは本当にやめたほうが良いと思いました。。

20分くらい歩いたのかな。到着!!
日差しがきつすぎる!!

f:id:anotabi:20151110122228j:plain

ちょっとのどが渇いたので、スーパーによって水を買いました。
たまたま立ち寄ったスーパーが、スペインの大手スーパー「エル・コステ・イングレス」でした。
グラナダにもバルセロナにもあって便利でした。

 

さて、時間は18:30頃だったのですが、翌日は移動で朝も早いので、このへんで夕飯にすることにして、まずはタコのタパスがメインのバルに行きました。
偶然お店の前を通りかかったのですが、テレビで紹介されていたところだったので入ってみることに。

オシャレな店内。

f:id:anotabi:20151110122248j:plain

タコのタパス。

f:id:anotabi:20151110122259j:plain

ゆでだこにオリーブオイルと、塩とスパイスをかけただけのシンプルな料理ですが美味しい!
もちろんビールもいただきました。鶏の煮込みみたいなおつまみも出てきました。

ここでは軽めこれだけ食べて、スペイン流にバルのハシゴをしてみました。

次は、エビ専門で有名なバル「カサ・デル・アブエロ」に行きました。

f:id:anotabi:20151110122312j:plain


タコのバルからほど近い場所にありました。

こちらはテレビや旅行本などにたくさん載っている有名店。
歴史のあるお店だそうで、店内の雰囲気もとても良いです。

f:id:anotabi:20151110122326j:plain

お酒の瓶がかわいい。

f:id:anotabi:20151110122350j:plain

さっそく注文!!
エビのアヒージョと、クロケッタと、ビール!!
とても気さくな店員さんが「ケ リコ。ムイ ブエノ(おいしいよ)」と言いながら出してくれました。
アヒージョにはパンも付いてきました。

f:id:anotabi:20151110122402j:plain

本当に美味しくて、しかも安いのでバルっていう文化素晴らしい!!
毎日昼からビール飲んでるとか、なかなか無いですね。幸せです。

満足した我々は本日の観光を終え、地下鉄でホテルに帰り早めに就寝しました。
翌日はグラナダに移動!